トピックスブログ - 夕張岳登頂プロジェクト

夕張岳登頂プロジェクト

カテゴリ : 
JA夕張市
2010-9-14 9:15

2010.9.8(水)

夕張市には素晴らしい大自然がたくさんあります。

しかし、山ごと国の天然記念物に指定されている、夕張市のシンボルでもある夕張岳(1,668m)

『花の名山 夕張岳』の魅力を、全く伝えられていないと気がつきました。

JA夕張市HP担当としては、伝えなくてはいけない部分ではないかと思い

夕張岳登頂プロジェクトを立ち上げ(1人)夕張岳山頂を目指しました。

 

夕張岳(1,668m)とは、北海道の中央部を南北に走る夕張山地を構成する山群の中の一つで

芦別岳とともに夕張山地を代表する山です。

2010.9.8 AM10:40

夕張岳ヒュッテ(小さな小屋)付近の駐車場に到着。

下の看板のようにコースが二つあります。

右が『冷水コース』左が『馬の背コース』で、途中から傾斜が厳しくなりますが

水のみ場のある『冷水コース』を選択しました。

今年の9月はとても暑かったですが

山の中に入ると、葉が日よけの役目をしてくれて、とても涼しかったです。

しかし、初心者には厳しい傾斜が続きすぎです。

登って数十分で体力の限界が見えてきました。

へろへろなので、写真を撮る余裕は既にありませんでしたが

コケとキノコが珍しく、綺麗だったので休憩がてら撮影。

AM11:50 冷水の沢に到着。

持ってきた水、500ml2本はほぼ無くなっていたので、ここで補給です。

山頂まであと5kmの看板が目に入りました。

体力を使い果たしている人に、あと5kmは心が折れます

これは無理だ。『もう、やめよう。 帰ろう。』 と決めました。

山頂は諦め、20分くらい休憩していると体力・気力が復活してしまいました。

『まだ誰ともすれ違ってないな。よし、すれ違うまで行こう』

しかし、ここからさらに厳しく

もう、道では無くなってきました。

道では無くなってきましたが

珍しいものを発見

謎の青い実は、触ると柔らかく、見たことのない色なので若干の恐怖を感じました。

 

PM12:40  『冷水コース』『馬の背コース』分岐点到着

『頂上まで4.5kmかぁ』とがっかり。

こんな山奥に階段がありました。

ここまで、運ぶのにさぞ苦労したんだろうなぁ。

階段を作ってくれた方に、心から感謝しました。

ここで、第一登山人とすれ違う。

『もう少しで望岳台があるよ。そこで十分綺麗だから引き返してきたよ』と言っていました。

『そんなに綺麗なら行こう』と頑張って登る。

 

PM13:15 望岳台到着

本当に綺麗だった。

そして、山頂まで3.6km。

下山を心に決めました。

この『望岳台』で満足し20分くらい休憩していると、65歳くらいの方が下山してきました。

軽く会釈をしました。

『がんばれ』そんな意味の込められた会釈だった気がしました。

『やっぱり登ろう』

そこから20分くらい登ると、急に景色が変わってきました。

木が低くなり、常に遠くまで見渡せるように。

PM14:00 前岳湿原到着

こんな綺麗な景色があったなんて

さっきの、『望岳台』で引き返さなくてよかったー。

ここは、ゆっくりと時間をかけて登るのがいいかなと思います。

ここで、第三登山人とすれ違う。

『山頂まであと1時間だから、がんばれがんばれ』

この言葉に愕然とした。

すぐそこに山頂は見えているのに、あと1時間もかかるのか。

岩と岩の間に見える山が山頂です。

ここから先は、結構平坦ですが下ったり登ったりを繰り返します。

先程、左に見えていた岩です。この裏に、山頂があります。

そして、このでっかい岩を左に迂回します。

右上に見える山が山頂となります。

時間も無いので、麓まで全力で走ります。

もう少しで山頂ですが、しばし景色を楽しんで下さい。 

PM14:35 吹き通し到着

ここで、頂上まで0.5kmです。

ここからの500mの事を、地獄の500と僕は呼んでいます。

景色なんて見る余裕はゼロです。

体力・気力もゼロです。というかマイナスです。

PM14:52:13  夕張岳神社

地獄の500も残りわずか。

こんなとこに神社があるとは。知らなかったです。

ここからがきつかった。

最後の最後で、今まで見たことのない様な急斜面は

さすがに心が折れました。

しかし

まさかここで下山しましたと、ブログに書ける訳もないので一気に行こう!

気力は充実してきましたが、体力的に一気に行けそうに無いので

神社に荷物を預け軽量化しました。

カメラと水500mlだけを持ち、最終アタック。

大袈裟だよー。と言われるかも知れませんが、ここが夕張岳で 人生で一番きつかった

『絶対に登る』

『絶対に登る』

『絶対に……』

自分との戦い

負けられない戦い。

 

 

 

PM14:55:23 夕張岳山頂(1,668)   【登り 4時間15分】

苦しみ・安堵感でいっぱいでした。

もう絶対に登らない。

もうやだ。

しかし

味わった事の無い、大きな達成感。

4時間15分間、苦しみ歩き抜きました。

特に、地獄の500は、本当に地獄だった。

けど、その苦しみが大きかったから、こんなにも大きな達成感を味わえたんだ。と思いました。

しばし、山頂の景色をお楽しみ下さい。

登山って面白い?ただ登ってるだけでつまらなさそう。と思う方もいるかと思います。

確かに、最初は苦しくつまらなかったです。

けど、景色が変わり、鳥の種類が変わり、草木も変わる。

気温も低くなる、水の透明度や温度だって変わる。

雲もどんどん近くなる。

そういう変化を感じ取れれば、登山は面白いのかなと。

完全なる素人が考えました。

 

山頂を見ているだけでは、たどり着けません。

諦めずに一歩づつ確実に登れば、いつか必ず頂上にたどり着ける。

小さな一歩だけど、その積み重ねが大事なんだと。

 

PM15:01 下山開始 山頂滞在時間 6分 

下山は登りと違い、とても早いペ−スでしたが、ひざなどにかなりの負担がきます。

下山が思いのほか苦しく、登りの方が楽だったなと思うくらいです。

そして、下山中にも下って登ってという場面が何度もありますが

その度に、登りの方が10倍辛い事に気づかされます。

 

下山は『馬の背コース』を選択しましたが。

道が見えないくらいの笹でひどかったです。

PM17:28 夕張岳ヒュッテ  【下り 2時間27分】

この苦しい旅も終わりです。

ブログを見て下さった皆様、応援して頂きありがとうございました。

そして、夕張岳ヒュッテ前のイスに座り込んだまま立てませんでした。

 

これから夕張岳に登ろうとしている初心者の方。初心者には厳しい山でした。

靴、雨具、防寒着、地図、ストック、十分な食料。

などなどの装備を十分にして登るようにしないといけません。

また、2010.7.26に、1400mから頂上付近で熊が出没しています。

鈴を鳴らすなり、熊よけスプレーを携帯するといった事が必要との事です。

【2010年度の夕張岳情報】

・林道ゲート開放日程…平成22年6月19日(土)から平成22年9月30日(木)まで

*夕張岳ヒュッテについて*
・ヒュッテの利用…平成22年6月19日(土)から平成22年8月31日(火)まで管理人が常駐します。
・ヒュッテ周辺ではテントを張ることも可能です。
・ヒュッテ泊(1日):大人1,500円・小学生以下500円
・バイオトイレ利用料(テント泊(1泊/1日)):300円


≪JA夕張市ネットショップ≫

2010年度の夕張メロンの販売は終了いたしました。長芋の販売は、もう少々お待ち下さい。

ブログ カレンダー

« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

夕張メロンの仲間たち

道の駅夕張メロード
JA夕張市トピックスブログ
JA夕張市青年部活動紹介ブログ
夕張メロードメロリーナ日記
夕張長芋のことならここからどうぞ↓
長芋道場
JA共済
JAバンク