メロンのこだわり・商標登録
北海道の大地の恵みをたっぷり受けて大きく育った夕張メロン。
メロンの中でも果肉が非常に柔らかく、とってもジューシー。
4つのこだわり
生産について生産について
 当初より農協・生産者が一体となった完全共撰体制をとっており、厳格な品質管理を行っています。全生産農家一丸となって、「夕張メロン」の名声を高めるため生産活動に邁進しています。
 また、農協は夕張メロン等の名称、メロンの図形、シール等を商標登録し、類似品は認められないものとして、”本物 夕張メロン”の宣伝、販売に努力しています。
おいしく召し上がれおいしく召し上がれ
 一般的な見分け方は、見た目が豊円な形で、ネットが太く浮き出て果実全体を採り、ツルも青くピンと張っているもの、そして手に持った時見た目より重く感じるものが良いとされています。
 また、夕張メロンは、大変おしゃれで果物店に陳列された時は灰緑色ですが、時間とともに緑黄色、黄色へと色を変え、芳香が濃さを増します。
 一番の食べ頃は緑黄色から黄緑色の頃。熟度の進み方が早いので、食べ頃を見逃さないようにし、食べる直前に(2〜3時間前)冷蔵庫で冷やしてたべると最高です!
かしこく保存
食べごろになったメロンは次のように保存できますが、出来るだけ早くお召し上がりください。
食べごろメロンの保存方法
特産品「夕張メロン」について 特産品「夕張メロン」について
 夕張メロンには規格として「共撰メロン」および「個撰メロン」があります。全量JAに出荷し、「共撰メロン」は検査員が、糖度、ネット、形状、大きさなどを検査し、共撰出荷規格に照らし「特秀」「秀」「優」「良」と4段階で等級を付けて出荷しております。
 また、「個撰メロン」も個撰出荷規格に合ったものを出荷しております。全ての夕張メロンは「共撰」「個撰」の規格を付けて、出荷しております。
商標登録

昭和52年5月16日登録


昭和52年9月12日登録


昭和52年9月12日登録


平成7年10月31日登録

昭和54年5月31日登録


平成5年10月29日登録


平成7年10月31日登録

平成9年2月24日登録


平成8年6月28日登録


平成9年3月12日登録


平成5年5月23日登録
※平成5年6月11日 夕張メロン商標権獲得 平成6年9月30日 夕張キングメロン商標権獲得