夕張市のご紹介
石炭産業とともに発展した後、観光の街として地域活性化を図る一方、
「夕張メロン」を代表とする農業は今、市の基幹産業に位置づけられています。
夕張市のあらまし

夕張市の位置
 本市は、北海道の中央部よりやや南西に位置し、地勢は三方を夕張山系の峻峰に囲まれ、都市は市域の南方に貫流する夕張川などの流域に蛇行して拓け、周囲は国有林を始めとする森林地帯である。
交通は、国道274号線(札幌〜帯広)、道々札幌〜夕張線、国道夕張〜芦別線および道々夕張〜岩見沢線を通じて、道央および近隣市町村と結ばれているほか、昭和56年秋、JR石勝線が開業し、また北海道横断自動車道が平成11年開通するなど、本市は道央と道東を結ぶ重要な拠点都市である。
夕張市の誕生
夕張市は明治21年、未開の山峡の地で夕張炭田が発見されたことに始まり、以来、良質豊富な原料供給地として石炭産業を中核とする、国内有数の石炭の街として発展してきたが、エネルギー変革により石炭から石油に取って代わることとなり、平成3年までに24山全ての炭鉱が閉山した。
石炭なき後、観光の街として地域活性化を図る一方、北海道の夏を代表する特産物であり、夕張と言えば「夕張メロン」と言われるまでに成長した今日、夕張農業は市の基幹産業として位置付けられている。