トピックスブログ - 農協法公布62周年

農協法公布62周年

カテゴリ : 
JA夕張市
2009-11-13 9:26

みなさん、農協法というのはご存知でしょうか?

聞いたことはあるけれど、詳しくは知らないという感じでしょうか!?

 

 

■農協法とは??

農協法とは、すべて平等な地位にある国民という視点で農民・農業者をとらえるのではなく、経済的・社会的に弱い地位にある農民・農業者という視点でとらえ、その地位の向上と農業者の協同組織の発達を促進することを目的として制定された法律なのです。

 

農協法公布記念日にあたり、北海道農業協同組合中央会 会長 飛田稔章様から メッセージを頂いております。

 


 

農協法公布記念日にあたって

北海道農業協同組合中央会
会 長    飛 田 稔 章
昭和22年11月19日に農業協同組合法(農協法)が制定され62年目を迎えました。
制定当時は戦争の傷跡が生々しく、日本全土が荒廃する中で、国民の食料は不足し、食料確保の必要性と併せて農民の自主的立場を確立するために農村の民主化が最重要課題でありました。  
このような時代背景の中から農協法が施行され、全国各地で農協が設立され、現在に至っております。
農協は農地改革によって生まれた自作農を基本とした「農民の農民による農民のための」組織として、人々が連帯し助け合うことを意味する「相互扶助」の精神のもとに組合員の農業経営と生活を守り、より良い地域社会を築くことを目的とした協同組織です。  
農協法が制定されて以来、経済情勢や社会環境の変化に合わせてJAの事業展開や組織運営手法の変革が求められ、時代に即した法改正によって、組合員の社会・経済的地位の向上に大きな役割を果たして参りました。
今、私たちは21世紀の初頭を歩んでいますが、世界に目を向けますと金融危機、食料需給のひっ迫、地球温暖化・環境問題等が深刻化し、いまだに解決の糸口を見いだせない状況にあります。
国内的には市場原理の名のもとに行き過ぎた競争社会のひずみが格差社会を生み、年金問題などと相まって、国民の中に不安が増大しています。このような時代に自主・自立・相互扶助精神に基づき共生の社会をめざす協同組合組織に対する期待はますます大きくなっています。
私たちは「第25回JA北海道大会」において、「共に創る 北海道農業と新時代」をテーマに、組合員とともに多くの国民の信頼と支持を得て新たな時代に積極果敢に挑戦するJAを目指すことを決議し、実践しております。また、本年は「第26回JA北海道大会」を開き、「協同の力で築くあすの“食”をささえる北海道農業」をテーマに、組合員に基軸を置き、北海道農業・JAが抱える様々な課題の打開と地域と消費者に対して果たすべき役割を踏まえ、新たな基本方針を策定することとしています。
今後ともWTO農業交渉、景気低迷等厳しい情勢が予測されますが、組合員、役職員皆様が農協法の目的と意義を再確認して、JAが地域農業・農村振興の司令塔としての役割を発揮し、充実した組織として益々発展するよう共に頑張りましょう。
 

 

 

農協法公布記念日ということで、JA夕張市は11月19日(木)は休業とさせて頂きます。 

 

 

Aコープと金融課は、通常通り営業となっておりますので、よろしくお願い致します。

 

 

 


 

JA夕張市金融課からのお知らせ

 

 

いつも、JAバンクをご利用頂きありがとうございます。

 

このたびJAバンクの全国統一電算システムのシステム変更等にともない、

 

誠に勝手ながらATM・JAネットバンク等のサービスを

 

2009.11.21(土)〜22(日)の期間、一時休止させて頂きます。

 

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

※ コンビニ等のATMを利用したすべてのサービスも使えません

 

 


■ 《夕張メロンピュアゼリー》を特別価格にて販売中!!

   生ピュアゼリーってご存知ですか!?

 

Net Shop では、JA夕張市の特産品を販売しております!!  ご利用下さい! → Net  Shop

JA夕張市NetShop 

ブログ カレンダー

« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

夕張メロンの仲間たち

道の駅夕張メロード
JA夕張市トピックスブログ
JA夕張市青年部活動紹介ブログ
夕張メロードメロリーナ日記
夕張長芋のことならここからどうぞ↓
長芋道場
JA共済
JAバンク